俺のスニーカー編集部では、シューケア用品やスニーカーの選び方、おすすめのショップなどの情報を発信しています!

スニーカーにおすすめな防水スプレー5選!選び方と使い方も解説

アメダス防水スプレーとジェイソンマークのクリーナー
レブロン鈴木

今回は、スニーカーにおすすめな防水スプレーを紹介していくよ!

あなたはスニーカーをおろす前にしっかりと防水スプレーをしていますか?

防水スプレーって雨や水だけじゃなく、汚れからもスニーカーを守ってくれるんですよ。

スニーカーには、防水スプレーをしない、いらいないと思っている方も、キレイな状態を維持したいと思うのなら使うべきです。

今回は、スニーカーにおすすめな靴用の防水スプレーを紹介します。

紹介する5つの防水スプレーは、雑誌やネットで調べたり、スニーカーショップの店員さんから教えてもらったり、実際に自分でも使ってみたりした中から選んだモノです。

どれもコスパが良く、最強と言われる防水スプレーなので、紹介するモノの中から1つ選んで使ってもらえれば、失敗はしないと思います。

また、防水スプレーの選び方や正しい使い方なども解説しているので、参考にしてみてください。

まずは、なぜスニーカーに防水スプレーを使う必要があるのか?防水スプレーの効果についてカンタンに説明していきますね。

目次

防水スプレーはスニーカーを水や汚れから守る

防水スプレーの効果

スニーカーに防水スプレーを吹きかけることにより、キレイな状態を維持することができます。

なぜなら、防水スプレーには、つぎのような効果があるからです。

防水スプレーの働き
  • 水を弾く
  • 汚れを付きづらくする

防水スプレーには、水を弾くだけでなく、(防水スプレーの種類にもよりますが)汚れを付きづらくする効果もあるとご存知でしょうか?

あなたが大切なスニーカーを汚れからできる限り守りたいと思うなら、防水スプレーをすることをおすすめします。
キレイな状態をできる限り維持するために。

防水スプレーの種類と選び方

防水スプレーを選ぶときのポイントは、「フッ素系」か「有機系」の防水スプレーを選ぶことです。

間違っても「シリコン系」の防水スプレーを使ってはいけません。

なぜ、フッ素系か有機系なのか?

それは、フッ素系も有機系も通気性が悪くならないので、革などの素材を劣化させたり、変色させるリスクが低い、また使える素材の種類が多いからです。

防水スプレーの種類スニーカーへの使用
フッ素系
有機系
シリコン系×

※ フッ素系でも有機系でも、使用できない素材があるので購入しようと思う防水スプレーの裏などの記載をしっかりと確認しておきましょう。

無理に使うとシミや変色の原因になるからね。

レブロン鈴木

スニーカーの素材に合わせるのが重要!

スニーカーにおすすめの防水スプレー5選

スクロールできます


商品画像
ジェイソンマーク防水スプレークレッププロテクト防水スプレーアメダス防水スプレーマーキープレイヤー防水スプレーコロニル防水スプレー
商品名リペルレジスタントバリアーアメダススニーカー ウォーター リペレントウォーターストップ
種類有機フッ素フッ素フッ素フッ素
タイプミストガスガスガスガス
容量159.7ml200ml420ml420ml4000ml
持続期間4週間4週間1〜2週間1〜2週間1〜2週間
乾かす時間1日1時間1時間1時間1時間

※ スマートフォンの場合は、上の表をタッチして右にスクロールできます。

スニーカーにおすすめな防水スプレー5選を紹介します。

この5つは、Amazonや楽天などの口コミも抜群に良く、僕も実際に使ってみて良かったモノです。

なので、この中から選べば失敗はしないと思います。
それぞれ比較してみて、自分に合った防水スプレーを選ぶ参考にしてみてください。

※ シリコン系の防水スプレーは、革の劣化やシミ、変色する原因となり、スニーカーには合わないので含まれていません。

ジェイソンマーク REPEL

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
レブロン鈴木

2007年にアメリカで設立されて、いろいろなシューケアの商品を開発・販売しているスニーカーアクセサリーブランドのジェイソンマーク !

商品の詳細

商品名REPEL(リペル)
メーカージェイソンマーク
タイプミスト
成分・有機溶剤(天然素材)
・合成ポリマ
内容量159.7ml
持続期間約4週間
乾かす時間1日
足数(目安)10〜12足

使用可能な素材

素材使える/使えない
天然皮革
合成皮革
キャンバス生地
ナイロン
スウェード
ヌバック
パテント(エナメル)×
爬虫類の皮革×

身体にも環境にも優しいジェイソンマークの防水スプレー!
なぜなら、原料に天然素材を使っているからです。

ミストタイプなので、乾くまでに時間はかかりますが、ガスタイプよりも効果の続く期間が長く、水や汚れを防ぐ力が強力です。

クレッププロテクト RESISTANT BARRIER

商品の詳細

商品名RESISTANT BARRIER
(レジスタントバリアー)
メーカークレップ
タイプミスト
成分・石油系溶剤
・フッ素系撥水剤
・LPG
内容量200ml
持続期間約4週間
乾かす時間約1時間
足数(目安)2〜3足

使用可能な素材

素材使える/使えない
天然皮革
合成皮革
キャンバス生地
ナイロン
スウェード
ヌバック
パテント(エナメル)×
爬虫類の皮革×

下の公式動画で、圧巻の防水力を見てください。

レブロン鈴木

TV番組”アメトーク”のスニーカー芸人でも紹介されるほど有名で人気がある防水スプレーだよ!

世界中の有名なスニーカーショップが取り扱っているイギリス発のシューケアブランドのクレッププロテクト。

クレップの防水スプレーは、コーティング力がかなり強力です。

マーキープレイヤー SNEAKER WATER REPELLENT

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

商品の詳細

商品名SNEAKER WATER REPELLENT
(スニーカー ウォーター リペレント)
メーカーマーキープレイヤー
タイプガス
成分・フッ素樹脂
・石油系炭化水素
内容量420ml
持続期間約1~2週間
乾かす時間約1時間
足数(目安)5〜7足

使用可能な素材

素材使える/使えない
天然皮革
合成皮革
キャンバス生地
ナイロン
スウェード
ヌバック
パテント(エナメル)×
爬虫類の皮革×

人気スニーカー系YouTuberのSOSHI-Netさんも動画内で絶賛していた防水スプレーです。

レブロン鈴木

420mlと内容量も多いのでコスパの良さが光る!

コロンブス AMEDAS(アメダス)

商品の詳細

商品名ANEDAS
(アメダス)
メーカーコロンブス
タイプガス
成分・フッ素樹脂
・石油系炭化水素
内容量420ml
持続期間約1~2週間
乾かす時間約1時間
足数(目安)5〜7足

使用可能な素材

素材使える/使えない
天然皮革
合成皮革
キャンバス生地
ナイロン
スウェード
ヌバック
パテント(エナメル)×
爬虫類の皮革×
レブロン鈴木

Amazonでのレビュー数が約1,000件!
評価も高い防水スプレー!!

靴だけでなく傘やカッパ、アウターなどにも使える汎用性の高い防水スプレーです。

コロニル ウォーターストップ

商品の詳細

商品名ウォーターストップ
メーカーコロニル
タイプガス
成分防水剤、炭化水素系溶剤、ナフサ
ブタン、プロパン、ジメトキシメタン
酢酸ブチル、メタノン
内容量400ml
持続期間約1~2週間
乾かす時間約1時間
足数(目安)4〜6足

使用可能な素材

素材使える/使えない
天然皮革
合成皮革
キャンバス生地
ナイロン
スウェード
ヌバック
パテント(エナメル)
爬虫類の皮革×
レブロン鈴木

コロニル ウォーターストップは、
環境先進国であるドイツのメーカーの防水スプレー!

ほとんどのメーカーの防水スプレーは、パテントレザー(エナメル)には使用できません。しかし、コロニルのウォーターストップは、パテントレザー(エナメル)にも使用できる防水スプレーです。

エアジョーダン11を何足か持っている自分としては、とても助かる防水スプレーです。

防水スプレーの正しい使い方

防水スプレーの使い方

ここでは、防水スプレーの正しい使い方を紹介します。

防水スプレーって、ただかければいいってもんじゃないんですよ。せっかく防水スプレーをしても、間違った使い方をするとシミができたり、変色したりする可能性が・・・

なるべくキレイな状態でいてほしいから防水スプレーをしたのに、シミや変色したら本末転倒ですよね。

防水スプレーの正しい使い方を覚えて、水や汚れからスニーカーを守りましょう。使う手順はつぎの通りです。

  1. スニーカーの汚れを落とす
  2. 防水スプレーを靴全体にかける
  3. スニーカーを乾かす
  4. 2~3回繰り返す

各項目のポイントや注意点など詳しく解説していきます。

① スニーカーの汚れを落とす

汚れた状態のスニーカーには、防水スプレーを使用しない!

汚れも一緒にコーテイングされてしまうので、必ずシューズをキレイにしてから防水スプレーをしてください。

キレイな状態で防水スプレーを!

・新品のスニーカーなら、おろす前に!
・既に履いているスニーカーなら、洗って汚れを落としてから!

新しいスニーカーをおろして履く前は、防水スプレーのゴールデンタイムです。おろす前に必ず防水スプレーをすることで、その後の手入れが楽になります。

レブロン鈴木

防水スプレーをする前に、
ブラッシングをして細かいホコリなどを払えば、さらにGoodだぜ!

できれば、シューレース(靴紐)を外してから防水スプレーをするとシュータンなどアッパー全体にもかかるので効果的です。

ブラッシングをするときに使うブラシに迷ったら、つぎの記事を参考にしみてください。

② 防水スプレーを靴全体にかける

スニーカーから30センチくらい離して
全体にまんべんなく防水スプレーを2~3秒かける!

かける目安としては、軽くしっとりするくらいです。

防水スプレーを1度に多く吹きかけたからといって効果が上がるわけではありません。1度に吹きかけ過ぎると、むしろスニーカーの素材に負担がかかります。

サプリなどの健康食品もたくさん飲んだからといって、効果は上がりませんよね。むしろ身体に悪い。防水スプレーも同じです。

③ スニーカーを乾かす

防水スプレーをかけた後は、しっかりと乾かす!

完全に乾いていないと防水スプレーの効果は発揮されません。

スニーカーを完全に乾かすためには、つぎの2つのポイントが大切です。

ポイント

・乾かす時間
・乾かす場所

乾かす時間

防水スプレーの種類によって、乾かす時間は違います。

乾かす時間
  • ガスタイプ :約60分
  • ミストタイプ: 1日

防水スプレーには、乾かす時間の目安が記載されているので、使う前にしっかりと確認しましょう。

レブロン鈴木

いろいろな防水スプレーを使ったり、調べたりした結果、
乾かす時間は、どんな防水スプレーでも1日乾かせばOKだよ!

乾かす場所

できるだけ風通しの良い場所で乾かしましょう。

裏ワザで、扇風機やサーキュレーターを使って乾かすのもアリですよ。6月みたいに湿気が多い時期はかなり使えます!

④ 2~3回繰り返す

完全に乾いたら、再度、防水スプレーをする!

「スプレーをかける → 乾かす」を2~3回繰り返すことによって、防水スプレーの効果が高まります。上塗りしてコーテイングが強化されていくイメージです。

防水スプレーを使用する頻度・間隔

1~2週間に1回が理想!

防水スプレーをかける頻度は、そのスニーカーを履く回数にもよりますが、できれば1~2週間に1回が理想です。

スニーカーがあり過ぎて、同じモノは週に1回しか履かないよ~って方でも、月に1回、もしくは、履く前日に防水スプレーをかけておきましょう。

レブロン鈴木

スニーカーがあり過ぎると、
履くモノは履くけど、履かないモノはまったく履かないよね(笑)

防水スプレーを使うときの注意点

ジェイソンマークの防水スプレー

防水スプレーを使うときの注意点をまとめてみました。

汚れを落としてから防水スプレーをする

汚れていたら、洗ってキレイな状態にしてから防水スプレーをしてください。汚れも一緒にコーテイングされてしまうからです。

スニーカーの汚れを落とすには、つぎの3つのシューケア用品がおすすめ!

おすすめ
  • クリーナー(洗剤)
  • クリーナーシート
  • 消しゴム

俺のスニーカー編集部としては、汚れの範囲や程度、素材などによって使い分けるのを推奨します。

スニーカー用のクリーナー(洗剤)について詳しく知りたい方はコチラ

スニーカーの汚れには専用のクリーナーを使えば、色落ちや素材が痛むなど気にすることなく汚れを落とすことができます。
ただし、スニーカーの素材によっては、使用できないクリーナーもあるので要注意!

クリーナーシートについて詳しく知りたい方はコチラ

持ち運べるが最大の特徴!
スニーカーが汚れた瞬間にクリーナーシートで拭くことができます。
ただし、ガッツリした汚れには向いていません。

消しゴムについて詳しく知りたい方はコチラ

スニーカー専用の消しゴムは、インソールやアッパー(スニーカーの表面)のちょっとした汚れを落とすのにおすすめ!
ただし、使用できない素材もあるので注意が必要です。

防水スプレーは喚起の良い場所で!

防水スプレーは、基本的に身体に良いモノではありません。

必ず喚起されている場所で行ってください。室内はNGです。

僕の場合、外に新聞紙を敷いて、その上にスニーカーを置いて防水スプレーをかけています。

ちなみに、風が強い日は避けます。防水スプレーが風に流されて、スニーカーにうまくヒットしないからです。風向きによっては、自分の方向へ飛んできて、吸い込んでしまう危険もあります。

スニーカーの裏と中は防水スプレーをしてはいけない

スニーカーのスニーカーの裏スニーカーの中は、防水スプレーをかけないように注意が必要です。

防水スプレーをスニーカーの裏にかけてしまうと滑りやすくなり、スニーカーの中にかけてしまうと通気性がなくなり蒸れやすくなります。

レブロン鈴木

新聞紙をスニーカーの中に詰めてから防水スプレーを使えば、スニーカーの中にかからないよ!

ちなみに、スニーカーの裏(靴底)のことを”アウトソール”と呼びます。

【番外編】防水スプレーを使ってはいけない素材

2018年にレブロン鈴木が購入したスニーカー エアジョーダン11コンコルド

パテント(エナメル)素材のスニーカーには、フッ素系でも有機系でも防水スプレーを使うのは基本的にNG!

パテント部分が剥がれたり、シミがついたり、ベタついたりする可能性があるからです。

一般的には、パテント(エナメル)素材をキレイにする専用の液を使い、布で拭いて汚れを落とします。

レブロン鈴木

パテント素材のスニーカーといえばジョーダン11だよね!

ちなみに、パテント(エナメル)素材のスニーカーに対応している防水スプレーもあります。

コロニルのウォーターストップという防水スプレーなら、パテント(エナメル)素材のスニーカーにも使用できます。

【参考】防水スプレーの成分と特徴について

防水スプレーには、つぎの3種類の成分が使われています。

成分の特徴
  • フッ素
  • シリコン
  • 有機

※ スニーカーに使用するのに適しているのは「フッ素」と「有機」です。

フッ素系の防水スプレーの特徴

フッ素系の防水スプレーは、スニーカーの繊維に目では見えないほど小さなフッ素の粒子がくっつくことで、水や汚れからスニーカーをガードします。

フッ素の粒子で、繊維の1本1本ごとがコーティングされるので通気性が保たれます。

通気性が悪くならないので、革などの素材を劣化させたり、シミになったりする心配はありません。

革靴はもちろん、スエード、ヌバックなどの素材にも使用できます。

レブロン鈴木

スニーカー以外にも、バックやウェアなどの衣類、ゴアテックス素材のモノなど、いろいろなモノに使用できるよ!

欠点としては、持続性が低いので、こまめに防水スプレーをする必要があります。

フッ素系の防水スプレーの特徴をまとめると、つぎの通りです。

フッ素の特徴
  • 水も汚れも弾く
  • レザー・スエード・ヌバックにも使用できる
  • 持続性は低い

シリコン系の防水スプレーの特徴

シリコン系の防水スプレーは、対象物の表面全体をコーティングすることで水からスニーカーを守ります。

大きなバリアを張って守るイメージです。対象物の表面全体に膜を張るので、水を防止する力が強くて、その効果も長持ちします。

しかし、表面全体を覆ってしまうので、通気性が失われてしまう悪い面もあります。

通気性が悪くなると、

  • 革が劣化してひび割れする可能性がある
  • カビの原因になる

つまり、使用できる素材が限れらてしまいます。

例えば、スエードやヌバック、スムースレザーなどの素材はNGです。

シリコン系は、傘などの雨具に使うのに向いています。

レブロン鈴木

シリコン系はスニーカーには使わないほうがいいよ!

シリコン系の防水スプレーの特徴をまとめると、つぎの通りです。

シリコンの特徴
  • 水を弾く力が強い
  • 持続性が高い
  • 使用できない素材が多い
  • 汚れには効果がない

有機系の防水スプレーの特徴

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

有機系の防水スプレーは、 自然にある原料で作られた防水スプレーです。

1番の特徴は、人の身体にも環境にも優しい!もちろん、品質もしっかりとしています。

水や汚れを防ぎ、通気性も保たれているので、いろんな素材のスニーカーに使用可能です。

有機系の防水スプレーの特徴をまとめると、つぎの通りです。

有機の特徴
  • 強い化学薬品を使用していない
  • 通気性を保つ

まとめ

ジョーダン6カーマイン&エアマックス95イエローグラデ

スニーカーが好きなのには、人それぞれ理由があると思います。

スニーカーが好き!
  • 思い入れがある
  • お気に入り
  • レアスニーカー
  • 入手が困難
  • 値段が高かった
  • 背景やストーリー

大好きなスニーカー。もはや恋人と同じですね(笑)

恋人を大切にするのと同じように、水や汚れから守るために防水スプレーをして大切にしてください。

スニーカーも恋人のように大切に。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

スニーカー大好き歴18年!俺のスニーカー~ALL IN KICKS~の運営&記事編集担当。保管方法やスニーカー雑学、購入品の紹介など、スニーカーに関する情報をメインにお届けします!

コメント

コメントする

目次
閉じる