レインカバーでスニーカーを雨から守る!おすすめと選び方を徹底解説

夕立や突然のゲリラ豪雨などで、急に雨が降ってくると大切なスニーカーが濡れてしまって本当に困りますよね。雨の強さや向きによっては、傘でも防ぎきれないこともあるかと思います。

スニーカーの中に雨が浸み込んで靴下まで濡れてしまうと、足元が非常に気持ち悪くなりますよね。

また、スニーカーって雨に濡れると、痛んだり、劣化が早まるって知ってました?少しでも長持ちさせるには、雨からスニーカーを守ることが大切です。

そんなときに役立つのがスニーカー用のレインカバー!スニーカーが雨から濡れるのを守ってくれます。

レインカバー(シューズカバー)は、つぎのような方におすすめです。

  • 突然の雨が降ったときにスニーカーが濡れないようにしたい
  • 雨が靴の中に浸み込んで気持ち悪い思いをしなくない
  • 大切なスニーカーを長持ちさせたい

もし、あなたが、気持ち悪い思いをしたくない!自分の大切なスニーカーを少しでも長持ちさせてキレイな状態を維持したい!と思うのなら、スニーカーのレインカバーをカバンの中に携帯して置くといいですよ。

スニーカーのレインカバーには、使い捨てタイプから何度も使えるタイプのモノ、使われている素材や仕様などいろいろあって、どれを選んでいいのか分からないと思います。

そこで、今回は「スニーカーのレインカバーのおすすめと選び方のポイント」を紹介するので、参考にしてみてください。

シューズカバーの役割

シューズカバーをスニーカーの上から履くことにより、雨や道端の水溜まりなどの水の侵入を防ぐことができ、さらに汚れからも守ってくれます。

なので、靴の中まで水が浸入してきて靴下が濡れてしまい気持ち悪い思いをすることもありません。

僕は過去に、大気が不安定な日に大雨に襲われたことがあります。傘をさしているのに、スニーカーが濡れて水が靴の中まで浸み込んできたのです。靴下が濡れてしまい、とても気持ち悪い思いをしました。

その経験から、今はスニーカー用のレインカバーをカバンの中に携帯して、雨が酷いときに使っています。

傘では防げない雨や水溜まりに、特に力を発揮してくれる強力な雨対策のアイテムです。

スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木
濡れた後のケアも大変だよ!

雨に濡れると劣化が早まる

なぜ、スニーカーが雨に濡れるとよくないのか?

それは、スニーカーが痛んでしまったり劣化が早まったり、使われている素材によっては加水分解を促進させてしまう原因となるからです。

スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木
加水分解とは、ミッドソールがボロボロになってしまうことだよ!

スニーカーを長持ちさせたいのなら、スニーカー用のレインカバーを使って雨対策をしっかりと行うことをおすすめします。

関連記事

レブロン鈴木 おつえもんです、レブロン鈴木です! 今回は、スニーカーの加水分解対策をお届けするよ!! クローゼットに入れておいたスニーカーを出して、数年ぶりに箱を開けてみたらソールがボロボロになってた・・・ スニ[…]

加水分解してボロボロになり始めたエアマックス95

「使い捨てタイプ」と「何度も使えるタイプ」

スニーカーのレインカバーには、大きく分けて「何度も使用できるタイプ」と「使い捨てタイプ」の2つあります。

ここでは、各タイプの長所・短所を紹介していくので、自分にはどちらがいいのか確認してみましょう。

何度も使えるタイプ

耐久性が高くて歩きやすいので、通勤や通学に履くのにピッタリです。しかし、(モノによっては)かさばるので携帯するには適さないモノもあります。

何度も使えるタイプの特徴をまとめると、つぎの通りです。

長所 何度も使用できる
密封性が高い
歩きやすい
短所 1セットあたりの値段が高い
(モノによっては)かさばって携帯しにくい

使い捨てタイプ

突然の雨や夕立に備えて、かさばらないので普段からバッグなどに入れて携帯しておくのにピッタリです。しかし、使い捨てなだけあって耐久性が低く、歩きにくいので、長い距離を歩いたりするのには向いていません。

スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木
その場の雨を凌ぐためにワンポイントで使うイメージだね

使い捨てタイプの特徴をまとめると、つぎの通りです。

長所 1セットあたりの値段が安い
携帯しやすい
短所 何度も使用できない
密封性が弱い
耐久性が低い
歩きにくい

あなたの目的によって選ぼう!

「何度も使えるタイプ」は、耐久性が強く歩きやすいモノが多いので、レインカーバーを履きながらある程度長い距離を歩く方におすすめ!

一方、「使い捨てタイプ」は、耐久性が弱いので長い距離を歩くのに向いていませんが、急に雨が降ったときに少し使えれば大丈夫という方におすすめです。

あなたが何を重視するのかによって、選ぶタイプが変わってきます。

何度も使えるタイプ ➡ 距離を歩く方、歩きやすいモノを求める方
使い捨てタイプ ➡ 少しだけ使えれば問題ない方

スニーカーのレインカバーの選び方のポイント

ここでは、「何度も使えるタイプ」のシューズカバーの選び方のポイントを紹介します。

選ぶときのポイントは、「防水性」「サイズ」「耐久性」この3つを抑えておけば問題ありません。

では、チェックしてほしいポイントをみていきましょう。

① 防水性

せっかくレインカーバーを履いてても、傘では防ぎきれない斜めに降る雨やうっかり水溜まりの中に入ってしまったときなどに水が浸み込んでしまっては意味がありませんよね。なので、防水性が高いレインカーバーを選びましょう。

商品説明に「100%防水」や「完全防水」と記載があるものを選ぶといいです。

防水性は、使われている「素材」と「密封性」で決まります。

素材(シリコンとPVC)

シリコン素地のスニーカーのレインカバーシリコン素材
PV素材のスニーカーのレインカバーPVC素材
レインカーバーの素材は、防水性が高い「シリコン素材」か「PVC素材」がおすすめです。
2つの素材の特徴を、つぎの4つのポイントに評価をつけて紹介していきます。(★3つで満点です。)
  • 履きやすさ
  • 防水力
  • 歩きやすさ
  • 対応サイズ

まずは、シリコン素材から見ていきましょう!

シリコン素材


履きやすさ
防水力 ★★★
歩きやすさ ★★★
対応サイズ ★★

収縮性が強いので靴にピタッとフィットしてくれるので、そこまで違和感なく歩けます。

悪いところとして、ゴムを伸ばして履くので、履くのが少し面倒臭いです。

また、シリコン素材のレインカバーは高さがないので、ハイカットのモデルなどスニーカーによっては完全に覆うことができない場合があります。

PVC素材のレインカバーに比べて収縮性が強いので、サイズの融通の幅が狭く、厚底の靴やボリューム感のあるスニーカーには使用できない可能性があるので注意が必要です。

ちなみに、シリコン素材って防水スプレーの成分としても使われるくらい防水能力が高い素材です。

スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木
スニーカーにかける防水スプレーはシリコン系じゃなくてフッ素系のほうがいいよ!
関連記事

レブロン鈴木 はい、どーも!レブロン鈴木です。 今回は、スニーカーにおすすめな防水スプレーを紹介していくよ! あなたはスニーカーをおろす前にしっかりと防水スプレーをしていますか? 防水スプレーって雨や水だけじゃな[…]

アメダス防水スプレーとジェイソンマークのクリーナー

PVC素材


履きやすさ ★★★
防水力 ★★
歩きやすさ ★★
対応サイズ ★★★

PVC素材のレインカバーは、履き口が広いので履きやすいです。

収縮性のある素材ではなく、余裕のある作りになっているので、サイズの融通が利きボリューム感があるスニーカーでも余裕で履くことができます。

悪いところは、シリコン素材のレインカバーと違って、スニーカーの上から履いてるだけの状態なので歩きづらさはあります。

スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木
歩くときにシャカシャカと音がするよ!

密封性

A:D2レインカバー口を調整できるドローストリング付き

履き口から水が入ってこない密封性が高いものを選びましょう。

シリコンタイプは、収縮してフィットするので隙間ができません。

PVC素材の場合は、履き口に足首のサイズを調整できるドローコードが付いてるモノを選ぶといいです。

② サイズ

スニーカーのレインカバーは、スニーカーの上から履くものなので、スニーカーより大きいサイズを選ぶのがポイントです。また、レインカバーを装着するスニーカーがミッドカットやハイカットの場合には、丈の長いモノを選ぶ必要があります。

しっかりとスニーカー全体を覆いかぶさるレインカバーを選ぶことが大切です。

③ 耐久性

靴底(アウトソール)がラバー製(ゴム)のレインカバーは耐久性があります。靴底がナイロンやPVC素材だと破けやすいので、ある程度距離を歩く場合には、おすすめしません。

破けてしまったら、スニーカーが濡れてしまってカバーの意味がなくなってしまうので、耐久性が高いモノを選ぶようにしましょう。

スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木

ラバー製のほうが、素材がしっかりとしているから歩きやすいよ!

おすすめなスニーカー用のレインカバー

何度も使えるタイプのレインカーバーのおすすめを紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

※ 防水能力が高いシリコン素材とPVC素材の中から選んでいます。

シリコン素材のスニーカー用レインカバー

BestechKnives シューズカバー

Amazonでの評価が高いシリコン素材のレインカバー。

靴にフィットし防水能力が高く、靴底にデコボコ凸凹の滑り止めがついているので、雨の日でも滑らずに歩くことができます。

 kateva レインシューズカバー

足首の高さまでフィットするシリコン素材のレインカバー。付属している専用ポーチでスマートに持ち運びできます!

ブラック・クリア・グリーンの3色が展開されています。

PVC系のスニーカー用レインカバー

TWONE シューズカバー

Amazonでの評価も高く、値段も他のPVC素材のモノと比べて安いです。

靴の離脱感がないようにゴムの調節バンドで靴を固定できます。また、靴裏がタイヤ模様なので滑り止め性能が高いです。

DRY STEPPERS / スニーカーレインカバー

DRY STEPPERS(ドライステッパーズ)は、アメリカのブルックリン発のスニーカーレインカバーブランドです。

このDRY STEPPERS社が開発したレインカバーは、スニーカー好きの間で話題となっていて、ビームスなどで取り扱いがあります。

ソール部分には、歩きやすいようにラバーを使用し、フロントにはジッパー、足首にはドローコードをつけて調整が可能です。

A/D2 シューズレインカバー

A/D2(エーディーツー)は、「いつもドライな毎日を!」をコンセプトにしたウォータープルーフブランドで、ABCマートやムラサキスポーツなどスニーカーショップやスポーツショップでも取り扱っています。

スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木
A/D2ってALL DAY ALL DRYの略なんだって!

靴底はラバー素材なので耐久性が高く、歩いていて破ける心配がありません。また、口周りにはドローストリングが付いているので、足首のサイズに合わせて調整できます。

使い捨てのシューズカバー

使い捨てタイプは、何度も使えるタイプと違い靴底に加工がされていないため、滑りやすくなるので注意しましょう。

ダイソーなどの100均にも店舗によっては販売しています。

【番外編】雨が降りそうな日には防水スニーカーを履く

家を出るときに雨が降るかもしれない、もしくは、あらかじめ今日は雨が降るのが分かってるときは、防水スニーカーを履いてみてはいかがでしょうか?

防水スニーカーは、防水能力が高く靴の中に水が浸み込む心配がないので、レインカーバーをせずに普段と同じ感覚で歩くことができます。

さらに、レインカーバーだと密封されるので中が蒸れてしまいますが、防水スニーカーの中には、水は通さずに湿気は通す素材が使われたモノもあります。

また、今の防水スニーカーって普通のスニーカーと見た目も変わらないモノが多いので、ファッション面でも気にせずに履けることができるので、1度探してみてはいかがでしょうか?

防水スニーカーについてもっと知りたい方は、下の記事を読んでみてください。

関連記事

レブロン鈴木 今回は、雨の日に履けるスニーカーを紹介するよ! スニーカーって履きやすくて歩きやすいですよね。 でも、メッシュやキャンバス生地など、水が浸み込みやすい素材が使われているので、雨に弱いという弱点が・・・[…]

レブロン鈴木のゴアテックスエアフォース1

家に帰ったら乾燥などのケアを忘れずに

雨からスニーカーを守ったら終わりではありません。

スニーカーの上からレインカバーを履いて家に帰ったら、ケアが必要です!

レインカバーをして密封の状態が続くと、普段、普通に履いている以上にスニーカーの中は湿気がこもった状態なので、湿気と消臭の対策を忘れずに行ってくださいね。

関連記事

レブロン鈴木 今回は、スニーカーを保管するときに必要な乾燥剤・除湿剤を紹介するよ! あなたは、スニーカーを保管するときに乾燥剤・除湿剤を使ってますか? 湿気は、カビや加水分解の原因となります。 そんなスニーカ[…]

乾燥剤の炭八でスニーカーを保管

大切なスニーカーを長持ちさせるために、面倒臭がらずにしっかりとケアをしてあげましょう。そうすると愛着も湧いてきて、さらにスニーカーが好きになりますよ!

スニーカー用のPVC素材のレインカバー
最新情報をチェックしよう!