おしゃれでカッコいい靴べら!自宅用と携帯用のおすすめを紹介!!正しい使い方も解説

スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木
はい、どーも!
レブロン鈴木です。

スニーカーヘッズの皆さん、靴べらって使ってますか?

ビジネスマンが履いているような革靴にだけ使うモノではありませんよ。

靴(ドレスシューズやスニーカー、パンプスなど靴全般)を履くときって、かかとの部分に負担がかかります。

なので、革靴に限らず、靴を履くときは靴べらを使ったほうがいいんです。

靴の寿命が伸びて、長持ちします。

この記事では、靴べらの選び方とおすすめの靴べらを紹介します。

靴べらって英語でシューホーン(shoehorn)て呼ぶんだって。

靴べらって必要なの?効果あるの?

携帯用の靴べら

靴べらは、つぎの2つの目的のために使う必要があります。

  • 靴を守るため
  • 履きやすくするため
スニーカー大好きレブロン鈴木
レブロン鈴木
靴べらを使えば、履きやすくなって、靴の寿命が長くなるよ!

初めのうちは、めんどくさいけど、慣れてくると靴べらなしだと気持ち悪くなってきますよ。

靴を守るため

1つ目の目的は、とてもシンプルで、靴を守るためです。

履りたいり・脱いだりするのって靴の踵(かかと)の部分に負担がかかるので、変形したり、広がってしまったり、傷んでしまう原因となります。

靴べらを使えば、その負担を減らして、靴を守ることができるのです。

履きやすくするため

もう1つの目的は、利便性です。

靴べらを使うと、靴を履きやすくなります。

靴べらの代わりに指を使うと、スムーズに履けないし、指が痛いですよね。

さらに、かかとが靴に入りにくいからと言って、つま先の部分を地面にトントンしてしまい、その結果、靴のつま先が傷つき、汚れることに・・・

なので、履きやすくするために靴べらを使いましょう!

自分の足とジャストサイズの靴の場合には、特に靴べらの効果を実感できますよ。

靴べらの選び方

靴べらの選ぶポイントは、4つあります。

  • 玄関用か携帯用か
  • 素材
  • デザイン
  • 予算(価格)

各ポイントを見ていきましょう!

玄関用か携帯用で選ぶ

靴べらを選ぶときに1番に重要なポイントは、玄関で使うのか、外で使うのかです。

玄関用の靴べら

玄関用に使う場合、

  • 立ちながら履く
  • 玄関に座りながら履く

で、靴べらのサイズ(長さ)が変わってきます。

立ちながら履く

立ちながら使う靴べら

立ちながら履くのであれば、ロングタイプの靴べら。

60センチ以上あれば、かがまずに、膝を曲げないで、使えるので便利です。

座りながら履く

座りながら使う靴べら

また、玄関に座って靴べらを使うのであれば、長すぎるとかえって使いにくくなります。

30センチ〜40センチを目安に選びましょう。

立ち/座り 長さ
立ちながら 60センチ以上
座りながら 30〜40センチ

また、設置するスペースや収納する場所によって、

  • スタンドタイプ
  • 自立型のタイプ
  • 掛けるタイプ

どのタイプの靴べらが、自分の家の玄関に最適なのか検討しましょう。

外で使う用の靴べら

外で使う用の靴べらを選ぶときには、携帯用の靴べらを選びましょう。

選ぶポイントは、

  • コンパクトサイズ
  • 軽量
  • キーホルダー

この3点を確認して選びましょう。

カバンやポケットに入るくらいのコンパクトサイズ、かつ、重さが軽いと持ち運びするのに便利ですよね。

コンパクトサイズの携帯用靴べら

人によっては、カバンに付けれるキーホルダータイプがよかったりもします。

カバンにつけられるキーホルダータイプの携帯用靴べら

 長さは、できれば10センチを目安に選んでください。短すぎると、靴べらとしての機能を失って履きにくくなってしまいます。

素材で選ぶ

靴べらの素材

靴べらを選ぶポイントその②は、素材です。

主に、つぎの4つの素材があります。

  • 木製
  • 金属製
  • 革製
  • プラスチック製

使われている素材によって、重さや強度、柔軟性、価格などが違います。

素材ごとに、かんたんに特徴を書いたので参考にしてみてください。

素材 特徴
木製 柔軟性があって柔らかい
足に優しくフィットする
金属製 強度が高くて耐久性がある
長く使える
使っていると革が柔らかくなる
交換が必要になる
プラスチック 軽くて比較的に価格が安い

デザインで選ぶ(おしゃれ・カッコいい)

靴べらを選ぶポイントその③は、デザインです。

人によって、おしゃれな、カッコいい、シンプルな、ナチュラルなデザインがいいと好きなデザインが違うと思います。

いろいろなデザインの靴べらが販売されているので、自分の好きなデザインの靴べらを探してみてください。

ちなみに、使われている素材によって雰囲気が変わってきます。

素材ごとの特徴は、つぎの通りです。選ぶときの参考にしてみてください。

素材 特徴
木製 温かみがあり、ナチュラルな印象を与えます。
金属製 スタイリッシュでクールな感じを演出できます。
革製 使っていくと深みと味が出てきます。
プラスチック製 加工しやすいので、いろいろなデザインがあります。

少しチープな感じになる可能性が・・・

予算(価格)で選ぶ

靴べらを選ぶポイント最後は、予算です。

一気に、現実に引き戻された感じですね(笑)

自分の財布と相談して、選びましょう。

安さを求めるなら、プラスチック製は比較的に安いので、おすすめです!

携帯用におすすめな靴べら

コスパ重視とデザイン重視のおすすめの携帯用の靴べらを紹介します。

コスパ重視の携帯用靴べら

 

 

デザイン重視の携帯用靴べら

 

自宅用(玄関)におすすめな靴べら

コスパ重視とデザイン重視のおすすめの自宅用の靴べらを紹介します。

これから自宅用の靴べらを買おうと考えていたら、ぜひ参考にしてみてください。

コスパ重視の自宅用靴べら

コスパがいい2種類の自宅用の靴べらを紹介します。

立ちながら履く靴べら

 

座りながら履く靴べら

[Musowood] 天然木 靴べら 木製 38cm (Beech)

[Musowood] 天然木 靴べら 木製 38cm (Beech)

1,280円(10/20 04:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

デザイン重視の自宅用靴べら

スニーカーを長持ちさせる靴べらの正しい使い方

靴べらの使い方1
靴べらの使い方2
靴べらの使い方3

靴べらの正しい使い方を解説します。

まず、靴紐を緩めてください。

そしたら、靴べらを使ってスニーカーを履きましょう。

ポイントは、履くときに、靴べらをスニーカーの奥まで入れないことです。

イメージとしては、靴べらは、履き口周りに添えるだけ。

典型的なダメなパターンは、靴べらを、斜めにして奥まで突っ込むことです。

履き口が狭くなってしまい、無理に履くことになってしまい、かかとの部分にかなり負担がかかります。

あとは、靴べらが誘導してくれるままに、足を入れてスニーカーを履くだけです。

靴に負担をかけない正しい脱ぎ方

正しい靴の脱ぎ方

靴を脱ぐとき、かかとを擦り合わせて脱いだりしていませんか?

その脱ぎ方だと、靴のかかとに負担がかかります。靴を脱ぐときは、手でかかとを抑えて脱ぎましょう。

この少しの手間で、靴の持ちが全然違うんですよ!

友達に靴べらをプレゼントしてみよう!

誕生日に携帯用の靴べらをプレゼントするのって意外とアリですよ。

デザインもオシャレなモノが多いし、お財布もそこまで痛まないので(笑)

スニーカー好き、革靴好き、オシャレさんの友達なら、自分では買わないけど、貰ったら嬉しいプレゼントだと思いませんか?

携帯用の靴べらをプレゼントすることによって、1人でも靴を大切にする人が増えるようになったらいいですよね。

自宅用と携帯用のおすすめな靴べら
最新情報をチェックしよう!